沈黙のノンバーバルナンパ師

クラブナンパ通算1即の初心者が7日間クラブノック 後編

2020/09/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ナンパ師ジョーカー 2019年2月から活動開始 サラリーマンとして働き、 ・開始半年でサラリーマンしながら50即 ・トータルGET数は100〜数えるのは途中で辞めました。 ・テント即 ・Fカップ舞台女優即 ・モデル、芸能系即 ・ラウンジ、キャバ嬢アフター即 etc。。。 弟子ともに成長をしつつ最強を目指します。 ナンパ未経験からスト高を倒すに至るまでの体験記、ノウハウを更新していきます。

前回記事はこちら

クラブナンパ通算1即の初心者が7日間クラブノック 前編

 

それでは早速後編スタート!!!

 

5日目

 

 

この日は3日目に出会ったT氏と3人でクラブ入場

 

昨日の感じで行けば即れるはず。。。

 

声かけを重ねて行きますがイマイチ。。。

こればかりは初心者なので声をかけまくるしかない。

 

 

ここで声をかけまくることに抵抗はなかったです。

むしろ5日目だし

 

 

「どう考えても俺らでやれない訳なくね?」

 

 

と3人で言い合ってました。

 

クラブにいるとナンパしたくても出来ないそうが毎回必ずいるのでその人らを見て

 

 

「よし、全然大丈夫だな。」

 

 

とか思ってメンタル保ってましたね笑

 

 

 

 

さらに新しくT氏とコンビを組んだりと新鮮で声かけも捗ります。

 

 

しかし声をかけまくりますが一向にいい感じにならず焦りが出てきます。

 

 

焦ったところでどうにもなりませんが

 

さすがに5日連続坊主は心折れそうになるし、

何より寝たいという思いも強かったですね笑

即るしかない。。。

 

 

気持ちとは裏腹に体はついて来ません。。。

 

 

 

 

 

「ドンっっ!!!!」

 

 

背中を叩かれました。

 

「は?」

 

と思ってみるとセキュリティが

 

「寝ないで!!」

 

混乱しましたね笑

 

クラブのあの爆音で寝てたらしいです。

どんだけ疲れてるんだと。。。。。

 

普通に殺意湧きました

 

 

 

一通り声かけたんじゃないかってくらい声をかけて一旦休憩します

 

 

「あー、今日もダメかぁ」

 

 

と思って今日の反省をしていいると

 

1人で座ってる女性がいました。

 

 

なんの気なしに声をかけました

 

ジョーカー「お疲れー。今日1人なん?」

 

女「1人だよー。お兄さんは?」

 

ジョーカー「3人できてるけど、休憩中なんだよねーよく1人でくるの?」

 

女「うん。知り合いがたくさいるからよくくるよ。」

 

ジョーカー「そうなんだ。」

 

と普通に会話になります。

以下常連子と呼びます。

常連子のスペックですが、30代中盤でお世辞にも可愛いとは言えません

前回の即に続きスト値は低め

 

 

 

 

この頃は相手が可愛いか可愛くないかは気にしてないわけではないですが最重要項目では全然なく、むしろクラブ即という事象の刺激に魅力を感じてたので構わず特攻しました。

 

 

 

昨晩キスまでした流れと同じように、話したり、音楽に乗ったりしながらスキンシップしつつキスまで持ってく

 

 

 

1回成功体験があるだけでこんなことがなんなくやれてしまうとは。。。

 

簡単なことだからできるんですけどね。。。

 

 

 

 

ゴルフでホールインワンをしたとして

成功したから次も行けるわとならないですよね?

あれは打った角度、打球速度、グリーンの状態、風等々無数の条件が重なり合ってホールインワンしています。

様々なことが関係しています。

 

 

 

 

それに比べてクラブでキスぐらいは、他人に邪魔されるわけでもなく天候も関係ない

 

僕と女という関係でのやりとりしかないのでそりゃあ1回の成功体験があれば

 

十分だなと。。。

 

口説きやら、連れ出しとなるとまた話は変わって行きますが

 

 

 

と、いい感じになりますがさて、ここからどうしようかなと

 

相手は1人だし、邪魔される人はいないから普通に打診してみようと

 

ここで師匠のアドバイスを振り返ります。

 

 

 

「打診時は堂々と男らしく」

 

 

 

ここまでくると、グダはなかったです。

乗り越えるしかないし、乗り越えたところでこんなもんかってなるなって感じだったので

 

ジョーカー「もうお姉さん疲れてるやん」

 

常連子「ねー、疲れちゃったよねー。あそこ座らない?」

 

ジョーカー「俺も疲れたわ。いやーここうるさいから出ようよ。」

 

常連子「えー。座ろうよー。」

 

 

おぉーこれがグダか。。。

 

 

 

男らしく堂々とを心に刻んでいたので動揺は見せません。

 

さらにキスまでしていい感じになってるわけだから俺のことも多少なりとも

いいと思ってるに違いないと。。。

 

 

攻めあるのみ・・・!

 

 

 

ジョーカー「いや、ちょっとはいいと思ってるやん。」

 

常連子「そうだけど、今日はな〜」

 

ジョーカー「今日しかないじゃん。ほら行こ!」

 

と言ってスタスタ歩き始めました。

 

振り返ると

・・・

 

ついてきてねぇ笑

 

 

 

 

ただこの時はなんかいける空気感があったので

戻ってキスして手取をとる。

ついてくる。

 

 

 

 

かなり堂々と、というかオラオラでいきましたが

 

あー。こういうことなのかと。

こんな感じでようやくついてくるのかと。。。

 

 

そのままタクシーで家まで向かいます。

 

 

やっと自分の力で1から即れたと。。。

なんとも言えない高揚感がありました。

 

4日間のボウズ期間を経て

5日目にしてついに。。。

 

ついに。。。

 

 

 

前回はラッキーパンチでしたからね笑

 

 

 

大まかな流れがわかったっていうのと、答えがない中で自分の仮設したことや師匠の教えを素直に実践して

結果となった事が嬉しくもあり、安堵感もありました。

 

間違ってなかったんだと。。。

 

 

家につき、無事即りました。

 

終わった瞬間に爆睡かましました。

疲れもピークだったので。。。

 

 

起きたら家が整理されていましたね。

即ったらすぐ寝てしまったのにこんなことしてくれるとは。。。

ちょっと感動をしたところで

仕事に向かいました。

 

 

ちなみに後日談ですが、T氏に連れ出しを見られていたらしく

「ジョーカーさんあれよく行きましたね」

 

と・・・笑

 

 

初心者の皆さん

初めはこんなんなので、まずは体験を積んでいきましょう!!

 

 

成功体験を得た僕は少し自信がついた状態で

6日目を迎えます。

 

6日目

 

前日少し寝れたとはいえ、会社では寝落ちしまくり。

昼飯は食わずにずっと寝てました。

 

先輩に

「お前家でも仕事しすぎだろ。少し手伝おうか?」

 

と言われました。

 

クラブに行きまくって寝てないだけだけど、速攻お願いしました。

全然好きじゃない先輩でしたが、ちょっと好きな先輩に格上げしておきました。

 

ちなみにここまでの成果は

 

僕が1即

同期は0即です。

共にラインゲットは複数のみ

 

前日の話を同期にし、同期も

「今日は即る!」

と燃えています。

 

代わり映えのないクラブに到着

もうスタッフとも顔見知りになってきます。

 

スタッフ「毎日来てますね。いつもありがとうございます。

 

ジョーカー「明日で一旦休憩するんで笑」

 

とか話しながら入場

 

フロアで軽く踊りながら声かけ開始

この日は同期がいつにも増してガンガン行く

だが中々セパれるほどの食いつきはない。。。

 

フロアを徘徊していると同期が

 

「あの1人の子行ってきますわ」

 

どうやら和んでる。

 

その間各フロアを巡回して戻ってくると

 

めっちゃギラついてる。。。

 

これは1人パターンだなと覚悟を決めます。

 

 

 

 

 

さすがに二人組は難しいなと思い1人にターゲットを絞ります。

 

すると二人組ですが1人は男と話していて、1人暇そうにしている案件を発見

 

 

しかもその子がノック前にクラブで和んでライン交換をして

今度トランプ大会があるから一緒に行こうとよくわからないイベントに誘ってきた子だったのです。

 

これは。。。

声をかけます。

 

ジョーカー「お疲れー。トランプ大会の子だよね?」

 

女「え?どういうこと?」

 

ジョーカー「いやいや、この前○○で会ったじゃん!」

 

女「いや、私そこ行ったことない笑」

 

 

完全な勘違いでした笑

 

 

とは言え、トリッキーな声かけにより反応が取れ、和んでいきます。

 

サロンの受付をしている子でした。

 

ジョーカー「友達捕まってるねー」

 

サロン子「そうなの。相手の男も二人組できてて、話するのめんどくさいんだよねぇ。」

 

ジョーカー「へーどの人?」

 

サロン子「あそこの壁際の白シャツの人。」

 

見てみると、確かにイケメンでもないしめっちゃつまらなそうにしています。

女の友達が話している男は高身長イケメンです。

 

ジョーカー「あー、なら俺と話してる方がいいわな。相手したるわ。」

 

サロン子「助かるー!ちょこちょこ話しかけにくるの怠くて。。。しかも友達とイケメン君もいい感じだし。多分友達はいいなと思ってるし。」

 

整理すると

 

ジョーカーとサロン子が和んでいる

 

サロン子の友達とイケメンが和んでいる

 

イケメン君の友達の白シャツが邪魔

 

 

てことは白シャツをどうにかせねば、、、

 

 

 

しばらく2人で和んでいると

 

白シャツを抜いた4人で話始めます。

 

話をしていると、どうやらサロン子の友達はイケメンのことを気に入ってる様子。

ここをくっつければいけるかもしれない。

 

ただ白シャツの男がネックです。。。

 

 

白シャツ男どうしようかなと思いながら話していると

こっちに向かってきます。

 

これは微妙な展開になるかもしれない。

男同士が帰ったりしたら厳しくなるし、こっちにちょっかいかけられてもだるいなと。。。

 

白シャツ男が口を開きます。

 

「・・・・俺帰るわ」

 

いや、お前は神か!

 

 

今世でこんだけ徳積んだら来世は期待しかできねぇ。。。

来世は今以上に幸せになってほしいと願いつつ

 

1ミリも思ってない言葉を投げかけます。

 

 

ジョーカー「えー、もうちょいいましょうよ!せっかくなら飲みましょうよ。」

 

白シャツ男「いやー、明日仕事なんで帰ります。」

 

ジョーカー「残念っすね。。。また今度会ったら飲みましょう!」

 

帰宅して行きました。

明日仕事だからじゃねぇよと。

こちとら6日目だわという気持ちを抑えつつも、感謝をしているという

なんとも言えない感情になりました。

 

 

あとは、サロン子の友達と男をくっつけるだけ。

 

どう見てもいちゃついてるし、誰が見てもいけるやろって感じなのに

イケメン君は一向に連れ出そうとしません。

 

ブッコミます。。。

 

 

ジョーカー「イケメン君早く連れてってあげなよ。逆にかわいそうだって!」

 

イケメン「いやいや、そんなんじゃないですって。」

 

ジョーカー「わかったわかった。俺がサロン子といたいから早く連れてってよ。サロン子もそうだよな?」

 

サロン子「そうそう。早く連れて行ってよ。」

 

 

ここは大根芝居のノリで2人して畳みかけます。

というのも、サロン子が友達がイケメン君を気に入っていると聞いたときに

「くっつけちゃおうぜ」

と悪ノリを企んでました。

 

この大根芝居のゴリ押しでクラブを出させました笑

 

 

パワープレイでした笑

 

ここで感じたのは、普通の人はゴリ押しができないんだなと。。。

 

 

さらに言うと誘うのをひよっていると、いくらイケメンでもめちゃくちゃ情けなく見えてくるのです。

 

 

 

堂々と男らしくしないのはかなり悪手だなと他人を介して感じて改めて振る舞いの方向性が定まりました。

 

 

邪魔者もいなくなり、勘違い子と共通の目的を達成したことで距離が縮まりさらっと打診をします。

 

ジョーカー「いやー、作戦成功したな。」

 

サロン子「ねっ!めっちゃゴリ押ししてたね。」

 

ジョーカー「あれで成功してるんだから正解だったな。そしたら俺らも出るか。」

 

サロン子「え?」

 

ジョーカー「もう、さすがに今日はやり切ったやろ。。。行こ!」

 

サロン子「・・・うん」

 

 

連れ出し成功です。

 

そのまま近くのホテルに入って即。

 

 

なんでついて来たか聞くと

 

「やる事が面白くて来ちゃったかなー」

 

と言ってました。

 

これも一種の違った形でのいけてる証明になっていました。

他人を巻き込んで行動させるというのは強いです。

 

ノック後もクラナンに何回も出ますが周りを巻き込んで踊ったりしてると

自然と女が寄って来たりするので。。。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

 

即ったあとラインを見ると同期も即ったと連絡が来ていました。

コンビ即を6日目にして達成し、最終日へ。。。

 

 

最終日

 

やっとここまで来た。。。。

本当に長かった。

 

 

 

仕事しながらのノックなんてやるもんじゃないなと。。。

 

ただ、6日間を振り返るとできるようになった事、メンタルブロックが外れまくった事

いろんな人と出会えたことを考えれば有益すぎました。

 

やっと終わるという気持ちと、最終日は2人で昨日に続き結果を出そうと

話をし、入場

 

最終日は終わりが見えていて、なんなら体は1日目くらいの元気があります。

 

「あと4時間だし、かますかぁー!」

 

踊る→声かけを繰り返す

 

 

 

 

少しすると、僕らより前に活動していた講習生も最終日だからと来てくれました。

 

他人に応援されるとか部活以来だなぁとか思いながら声かけをしたり

ここで知り合った人たちと話をしたり純粋に楽しんでいました。

最終日は坊主でした。

 

ただノックのし始めの時のように

ダメだ。。。どうすればいいのかわからないという感情はなく

 

なんならやり切ったことに対する思いの方が強かったのと

明日からゆっくり寝れるという思いもあり

1番いい朝でした笑

 

 

こうしてクラブノック7日間は幕を閉じます。

 

結果

 

2即、1準即でした。

4日目に番ゲした子は後日即りました。

この子は見た目も良く、その後高級店の夜職となっていたので初心者でも

タイミングが良ければこのレベルの女の子即れるんだなと。。。

 

店で会ってたら当時の僕じゃあどうにもならなかったでしょうし。

 

 

 

 

 

クラブノック7日間を終えて。。。

 

シンプルにきついです。

仕事は朝6時起きの22時終わりなので。

毎日朝まで活動していました。

 

ただ、やってみると案外いけるなと。

 

思い返すと全部そうでした。

行動すると案外いける。

 

声かけも、キスすんのも、堂々と打診するのも

 

全部自分のやったことのない事、未知のことだから想像が大きく膨らみすぎて

恐怖が勝ってしまうのです。

 

やってみるとそんなこともなく、こんなものかと

このマインドを得られたのも大きかったです。

 

 

ただ

 

「ハグしろ、キスしろ。」という話をされたときは僕自身

全く理解できなかったですし、クラブの中でそれをやるとか

恥ずかしさもあるのでやりたくなかったのです。

 

 

1歩踏み出せたのは、僕より遥かに上のステージにいる師匠が

それをやれというのならやろうというスタンスでした。

 

 

 

自分の頭で理解できることだけをやっていたら成長はしないし

自分にない発想や思考方法をそのまま実践するから普通ではない

速度で成長してきたのだと思います。

 

それを言われて実際に行動するのは自分で、最後の最後では自分自身が乗り越えなきゃいけません。

そこのトライアンドエラーをしまくって自信につながります。

 

失敗が多ければ多いほど成功した時の喜びは比例して大きくなります。

 

 

声かけするのも、打診するのも最後は結局1人で

講師含め周りはそれに対してお膳立てまでしかできません。

 

一緒に行って打診してあげるとかないですし笑

 

最後の1歩をどれだけ自分の力で踏み出せるか。。。

 

やってみると、こんなもんかってどうせなるので

声かけできない、打診できないとかいう人は1回踏み出しましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

期間限定のお知らせ

 

7日間無料で「世の99%が知らないモテの本質」についてのセミナーを開催しております。

 

下記から登録できます。

https://joker1.jp/p/r/rgE3Tjer

 

初心者から上級者まで見た目、振る舞い、口説きについてなど7日に渡り配信、様々な気づきがあるはずです。

 

また、随時ツイッターやブログでは語れない話も配信予定なのでチェックしておいてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ナンパ師ジョーカー 2019年2月から活動開始 サラリーマンとして働き、 ・開始半年でサラリーマンしながら50即 ・トータルGET数は100〜数えるのは途中で辞めました。 ・テント即 ・Fカップ舞台女優即 ・モデル、芸能系即 ・ラウンジ、キャバ嬢アフター即 etc。。。 弟子ともに成長をしつつ最強を目指します。 ナンパ未経験からスト高を倒すに至るまでの体験記、ノウハウを更新していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジョーカーナンパブログ , 2020 All Rights Reserved.